卓上スタンドにもなるスマホケース

スマートフォンの主な利用として電話があります。その他電子メール、インターネット、アプリの利用などがあります。ビジネス用途が多い場合はデータの入力などをするかもしれません。その他の人ならゲームなどをして楽しむこともあります。その他の楽しみ方として動画を鑑賞したり音楽を聴いたりすることがあります。音楽ならイヤホンなどに挿し込むだけです。動画の場合は画面を見ることになります。きちんとした角度で見るには手で持って置く必要があり少し大変なこともあります。スマホケースには卓上スタンドになるタイプがあります。普段は画面部分を保護するように使うことができます。でも動画を楽しみたい時にはスマホをちょうど見やすい角度のところでキープしてくれます。ですから手で押さえることなく動画を見ることができます。角度も自由自在に変えられます。

手帳型のスマホケースはカメラ撮影時は面倒

カメラで撮影する内容としてかつては記念になるようなものが多かったです。風景を撮影したり人の写真を撮影したりです。今は携帯電話やスマートフォンで手軽に撮影できるようになっています。記念よりも記録に使うことがあります。時刻表をメモするのではなく写真で残します。スマートフォンにスマホケースを取付けておくことがありますがタイプによってはカメラのレンズ部分を覆ってしまうタイプがあります。この場合はそのまま撮影することは出来ません。ですからいったんケースから取り出して撮影しなければいけません。これは面倒です。写真撮影の頻度の問題でしょう。1週間に1枚や2枚ぐらいならそのたびにケースを外せばよいことです。一方で毎日撮影する、10枚ぐらい撮影となるとそのたびに取付と取り外しが必要になります。必ずしも使いやすいとは言えません。レンズ部分を覆うタイプは使えないこともあります。

放熱性を考えてスマホケースを利用

パソコンを使うときに膝の上に載せる人が多いといわれます。載せて作業をしているときはあまり何も感じませんが、パソコンを取ると載せていた部分が大変なことになるケースがあります。赤くなってちょっとしたやけどの症状が出ていることがあります。パソコンではCPUなどかなり電気を使います。通常でも40度ぐらい、さらに熱くなると手で触っても熱さを感じるくらいのことがあります。スマートフォンもCPUを使った機械なのでパソコンほどではないですが熱を発生させます。熱く感じることがあるでしょう。スマホケースを使うときには放熱性のあるものを使う方が良いことがあります。放熱するのは機械の後ろの部分です。後ろの部分全体を覆うと放熱しにくくなります。動作に影響することもあります。放熱しやすいタイプも出てきています。冷やす部品などを使うのも効果があるかもしれません。